訪問看護ステーションよつば

お問い合わせ

Instagram

よつばブログ

暑い日も多くなり、いよいよ夏が目の前まできている感じがします。訪問看護ステーションよつばは昨年9月の開所なので夏を経験するのは初めてです。今年は梅雨入りが早いので明けるのも早いでしょう。梅雨明けのギラギラした暑さがもうすぐでしょうか。今年の夏は長くなるかもしれません。訪問看護の仕事はもちろん屋内でするのでいいのですが、しっかり働いた後に高温になっている車に乗り込んで移動します。軽自動車なのでなんとなくエアコンが効いてくるのに時間を要す気もします。私たちは30分以内の移動時間で訪問にまわっているので、エアコンが効く前に次の訪問先に到着して、また仕事をはじめます。あまり風邪をひくこともない私ですが、訪問看護の仕事についた初めての夏、移動中に体調が悪くなって動けなくなりました。病院に連れていってもらうと「熱中症」の診断で点滴をしました。言われるまで熱中症になっているなんて全く気がつきませんでした。もともとあまり水分を取る方ではなかったので、暑くても飲まなくて平気でした。ですが、「平気」ではなかったのだと学びました。それ以降、喉が渇かなくてもよく水分をとるようになりました。それでも忙しいと忘れてしまい、頭痛やぼーっとした感じに襲われることがあり「熱中症になりそう!!」と思って塩分や水分を取るようにしています。またあの暑い日々のなか、車を走らせると思うと心配です。
スタッフにいつも事務所のおやつを買ってきてもらうのですが、先日塩分タブレットを購入してくれていました。さすが、先読みできてます。冷蔵庫の飲み物も、無くなる前に必ず用意してくれて冷やしてあります。助かります。あと、制服もリニューアルしました。デザインや素材でスタッフと悩みましたが、暑い日に試着もしてみて決まりました。ポリエステル素材のユニフォームが多いですがポリは暑いです。綿が入っていると全然違います。なので、もうリニューアルしたユニフォームで動いています。
梅雨明けが早いと夏が長くなります。長い夏をスタッフみんなが体調を崩すことなく訪問にまわれるよう、体調管理に気をつけていきます。利用者さんも家の中にいても室温が高かったり、汗をじっとりかいていても気がつかなかったり、尿がいつもより濃いなと感じることもあります。体調を崩さないように夏を乗り切ってほしいので、私たちも注意深く観察させて頂きます。
利用者さんもスタッフも元気に夏を過ごせますように。近々また、熱田神宮にお参りに行ってきます。最近参拝に行けてないので・・・。