訪問看護ステーションよつば

お問い合わせ

Instagram

よつばブログ

訪問看護ステーションよつばでは、生後半年未満の子から小学生まで子ども達の訪問看護もさせて頂いています。利用者さんのうち約5割が小児です。小児看護は特殊な一面もありますが、その子の成長発達を見ていくことができるのは大変嬉しいことです。私が一番長く関わっている子は4歳の子です。よつばを立ち上げる前からみていた子で、生後半年くらいの頃から関わっています。初めは鼻から胃へチューブを通して栄養を入れていましたが、経口摂取の練習を重ねチューブを離脱しました。季節が変わる数ヶ月毎に体調を崩し、そのたびに経管栄養に戻り、吸引をし、酸素投与が必要になり入院もしました。今では少しの風邪で食べられなくなる事も無く、自分で回復していく力をつけています。ほぼ毎日、看護師やリハビリが訪問していたけれど、成長するにつれて療育センターやデイサービスに通うようになり訪問もぐっと減りました。今は1回/月は定期的に訪問させてもらい、あとは体調変化があった時に臨時で訪問しています。緊急訪問もよくありましたが、最近はそれも無くなりました。生活の場所が広がり、昼間はデイサービスで過ごす時間が長くなっています。お母さんも働きに出ています。デイサービスでは子ども達が集まるので、子ども通しの関わりの中で成長していくことが期待できます。家の中で大人だけに囲まれて生活してるよりもメリットは大きいと考えています。「子どもは子どもの中で育つ」と思うのです。今、保育園選びに苦労されている方もみえます。選べるならまだ良いですが、少しでも障害があると受け入れてもらえない所も多くあります。また、兄弟と同じ保育園にと考えると更に難しくなります。「障害があるのになぜ預けるのか」など、そもそも家から出すことを否定する言葉をかける方もみえます。家の外に出て、生活の幅が広がることは成長の幅も広がります。名古屋市は違いますが、別の市では保育園や学校に訪問看護師が出向く事を認めているところもあります。障害児を受け入れる園には看護師が配置されていますが、それだけでは不十分です。園側の不安も大きいと思います。訪問看護師も関わっていくことで、他職種で協力して子どもが社会に出ることを応援していけるシステムができるといいのになと思います。そういうシステムを作ろうと頑張ってみえる訪問看護師さんもみえます。
我が家の子ども達は・・・。長男は3回/週程しか中学校に行っていませんが、卒業後の進路は決めていて週末に専修学校の面接を受けてきました。保護者も同伴だったので私も慣れないスーツを着て行ってきました。合格して欲しいです。次男は、「髪の毛以外の毛はいらない」と言って美意識高く頑張っています。三男は毎日「また夏休みになってほしいなぁ。」と言いながら毎日学校に通っています。学校が始まると、またコロナが増えるのではないかと心配していましたが、今のところ周囲でその様子はありません。もう少し落ち着いたら、よつばの3年目を祝してみんなで美味しいものを食べにいきたいなと思っています。


朝晩は少し涼しくなって日も短くなってきました。昼間はまだまだ暑いですが、酷暑は乗り切った感じです。夏休みも終わって、夏休みの宿題やご飯作りも乗り切りました。
そして、「訪問看護ステーションよつば」は9月1日で3年目を迎えました。始めた頃は「利用者さんが獲得できるか」「連携がうまくできるか」「自分の手に負えないことが起こらないか」など漠然とした不安がありましたが、2年やってみると「なんとかやれるもんだな」という感じです。今では何の不安もなくやってます!とは言えませんが、色々と問題が起こる中で知恵を出し合い、問題解決に導いていけるステーションだと思っています。私もスタッフも日々問題にぶち当たりながらも、考え行動しています。根本には「利用者さんやそのご家族のために何とかしてあげたい」という気持ちがあります。よつばの理念である「生活の場でいききることを支援する」ということは、ただ単に家に行って「注射する」「痰の吸引をする」「オムツを代える」こととは違います。それぞれの利用者さんの生活スタイルや状況をみて必要な看護を見い出し、その人の病態や行われている治療、その人の生活様式などをふまえてどのようにすれば良いかを考えて実践しています。よつばは、同じ志を持った仲間と立ち上げました。今もそのメンバーでこのような理念をもってやっていけることに大変感謝しています。スタッフや利用者さん、そのご家族など多くの方に支えられ3年目を迎えられました。3年目もパワフルに頑張っていきますのでよろしくお願いします!
写真はスタッフから私へのプレゼントです。「ファイト一発!」たくさん頂きました。


やっとやっと落ち着いた今日この頃・・・。ここ10日間くらいとても忙しくて車の中にリポビタンDの空瓶が何個か転がっていました。休憩のコンビニで「ファイト一発!」でした。
早朝や夜間訪問、急な依頼での毎日の訪問などが重なり忙しかったです。あまりしたくないけれど、新規のご依頼も断らざる得なかったです。家でパソコンに向かっていたら座ったまま眠ってしまい、そのまま床に転げ落ちて肩を打撲し湿布のお世話にもなりました。お弁当を作らなくてよい夏休み中で良かった。子ども達は冷蔵庫や冷凍庫をあさって勝手に何か食べてくれるし、チャーハンの作り方も教えておいたらちゃんと3人で食べてました。夏休みの宿題もせずダラダラしている場面を見なくて済むし、忙しいのも有りでした。
お盆の期間中に急に訪問依頼がありました。クリニックの先生が毎日訪問して点滴を実施して家族に針の抜き方も教えてみえました。そんな中、療養生活での支援をするよう依頼があったのです。看護が介入してからも先生は毎日訪問診療をして点滴をしてくれていました。バックグラウンド等の情報少ない中での訪問看護は手探りでしたが、家族の困っている様子や専門職(医師や看護師)が介入したことでの安心感が得られている様子が良くわかりました。先生はご家族に「困ったらいつでも携帯に連絡を」と言われていたようで、私たち看護師にも同様に言われていました。また、お盆中なのに毎日訪問診療をしたり、先生自身で点滴をしたりする先生がいるのだと驚きました。私も毎日の訪問は大変でしたが、同じようにこの方のことを心配して頑張ってくれている医師がいたので励みになりました。ご本人の病状も一時は心配しましたが、回復の兆しがみえてお盆明けに訪問看護を開始する予定でいた事業所に引き継ぎました。忙しいながらも実のある仕事をさせてもらい有り難く思います。
何年も続くコロナ禍で、感染対策を講じながらの訪問が続いています。マスク、ゴーグル、時にはガウンの着用など、看護師の身体的負担も少なくはありません。そんな中で暑さの中、首に氷のタオルを巻いて働く看護師もいます。汗が流れ出ている看護師もいます。早朝の訪問にも出動してくれました。時々スタッフに同行して訪問するのですが、やはりよく頑張ってくれているなと思います。事務所でも利用者さんの状況や心配毎をよく話してくれます。2年前の訪問看護ステーションよつば開設時から変わらないメンバーで、9月に3年目を迎えます。「生活の場で生ききることを支援する」ことを理念に謙虚に仕事をしていきたいと思います。忙しいと私自身の視野が狭くなったり、じっくり考えることをしなかったり、頭や気持ちが働かないことがあり、スタッフにも迷惑を掛けていると反省することもありました。未熟者だなと思います。そんな管理者ですが、スタッフ、家族、利用者さんや連携先のスタッフさん達に助けられながら、3年目もしっかり仕事をしていきたいと思います。
明日は4回目のコロナワクチンの接種です。本音はやりたくないです。体調が悪くなるので。あと何回ワクチン続くのか・・・。




朝窓を開けるとまだ蝉が元気よく鳴いています。まだまだ夏なんだなあと感じます。外も暑いし車も暑いし、まだそんな日々が続きそうですが、スタッフも私も元気にお仕事ができています。
7月から今月にかけて新規の利用者さんが増えて忙しい毎日ですが、それ以外でも今までと違う忙しさというか、ザワザワ感があります。夜間に緊急用の携帯が鳴ることが増えています。しかも、契約している利用者さんからではなく全く知らない方からです。内容は全てコロナ陽性者家族について心配があるから。80代の高齢者の方の家族(息子さん・娘さん)からだったり、離れて暮らす妊婦の奥さんがコロナでどうもできないといった内容だったりです。たぶん、ネットで色々調べられて、看護師さんにみてもらえないかということで片っ端から電話をかけられているのだと思います。妊婦さんに関しては、救急車もよばれたそうですが、搬送とはならず自宅待機となったようで病院に受診もできず高熱で動けないといった内容でした。初診でも往診してくれるお医者さんがあることをお伝えして電話をきりました。今はそんなお医者さんの需要が高くすぐには来てくれなかったり、優先度が低いと来てもらうことも難しいですが、その日のうちにみて貰えたようで、内服を処方してもらいつらい時期を乗り切ったと後日連絡がありほっとしました。高齢の方に関しては、昼間に医師の診察を受けているとか、かかりつけ医がいるけれど夜になって状態が悪いように感じ、訪問看護をして欲しいという連絡でした。「訪問看護」は原則として契約のうえで実施されます。また、「医師の指示書」が必要になります。なので、制度上このような方に訪問に行く事はできません。ですが、電話の向こうで不安が大きく困っている様子が分かるので、電話を切ることもできず、陽性の方の状況をうかがいます。すぐに救急車を呼ばなくてはいけない状況の方はみえませんでしたが、今が悪化のピークかなと思える方はいて、回復出来るか更に悪化してしまうか判断がつかない方もいました。どんな状況だと救急要請が必要か説明し一晩を過ごしてもらい翌朝また状況をうかがうと少し回復している様子でした。それ以降電話は無いので大丈夫だったかな、回復したかなと思っています。毎日毎日、多くの自宅療養者やその家族が不安の中過ごされている状況です。今回の流行は、今までに無い雰囲気を感じます。ですが、私たち訪問看護師は感染防止策を取りながら、在宅でケアが必要な方々をまわっています。手袋、マスク、フェイスシールドを付けている事が感染対策ではなく、それらをウイルスの暴露を防ぐために正しく使用して適切な方法で処理できているかが大切です。目に見えない相手なので不安もあるのですが、このコロナ禍に負けず頑張っていきます。
写真は、先週夏休みを頂いて子ども達とキャンプに行ってきた時の写真です。お母さん業頑張ってきました!



なかなかゆっくりパソコンに向かう時間が持てず、ブログの更新が少し伸びました。仕事が忙しかったわけでは無いけれど、家に居ると「掃除モード」になってしまい掃除が優先されました。家中の色々な箇所を大掃除しています。少しずつです。普段は掃除嫌いなのですが、スイッチが入ると飽きるまでやります。まだ飽きていないのでお掃除継続です。食べ物もそうですが、これ好きだなと思ったものは毎日でも食べてしまいます。よくスタッフに「またカレー食べてるの?」とか「またそのラーメン食べてるの?」とか言われています。飽きるまで同じものを食べて、飽きたらもう全然食べなくなります。今好きな食べ物はこんにゃくゼリーのクラッシュタイプです。パイン味とグレープ味が好きです。毎日食べてます。
今日の中日新聞朝刊に、フリーアナウンサーの笠井さんのお話が掲載されていました。悪性リンパ腫での入院中、看護師さんの名前を覚えて、「看護師さん」ではなく「○○さん」と呼んでいたそうです。名前で呼ぶことで看護師さんとの距離が近くなり、快適な入院生活を送る近道だったそうです。今訪問させて頂いている利用者さんの中にも、看護師さんの名前を覚えるのが得意?な方がみえます。入院中の大学病院でお世話になった看護師さんの名前を覚えて名前で呼んでいたと言います。その方は笠井さんと違ってメモを取るなどの行為はできません。記憶力だけで覚えています。病院看護師の名前を覚えるのって大変難しいと思います。みんな同じユニフォームを着ているし、マスクで顔の半分は隠れてるし、病室での滞在時間は短いし、面と向かってお話する時間なんてありません。その利用者さんは名前だけでなく、その看護師さんの看護師経験年数まで覚えています。入院後何年たっても覚えているのです。あと、クレジットカードの16桁の番号も覚えています。私は、カードの裏のセキュリティコード3桁も覚えられません。
私たち訪問看護師は、病院とは違い「看護師さん」ではなく、大抵「○○さん」と名前で呼ばれます。今は名前で呼ばれる事が当たり前に感じますが、私も病院勤務の時に「長江さん」って呼ばれる事もあり、その時は嬉しかったのを覚えています。時々「助産師さんなんですか?」と聞かれることも有りました。名札に「看護師」ではなく「助産師」と書かれていたので・・・。「救急で助産師?」と思われたんでしょうね。名札の小さな文字をよく見てるなぁと思いました。
笠井さんの記事を読んで、私は利用者さんから名前で呼ばれているけれど私は利用者さんの名前を呼んでるかな?と思いました。「おかわりないですか~」とか「こんにちは~」と言って訪問に入りますが、その言葉の前に「○○さん、・・・」って付けてるっけ?たぶんあまり呼んでいないなあ。目の前にいる利用者さんに話かけているので呼ばなくても分かるんですが、笠井さんが言うように名前で呼ぶと「精神的な距離が縮まる」ように思います。明日から挑戦してみます!
我が家の3息子達も夏休み入りました。昨日は兄弟3人で金華山に遠足に行きました。金華山とは言え山に登るので、長男には「弟2人と離れないこと、おいていって自分だけ先に行かないこと」と約束させました。帰宅して約束を守ったか聞くと「俺が置いてかれそうだったから。ちょっと待って~って言いながらなんとかついて行ったから。」とのことでした。弟達が強くなったのか、長男がへたれなのか・・・。暑い中、3人の遠足は無事に終わりました。写真は金華山からの眺めとリス村のリスたちです。子ども達からのお土産写真です。