訪問看護ステーションよつば

お問い合わせ

Instagram

よつばブログ


昨日もまた、ちびっ子が事務所に遊びに来てくれました。事務所でプラレールを広げて遊ぶことを楽しみにして来てくれます。その子のイメージした線路の構図があり、「神宮前駅みたいにして」など注文が入ります。神経の繊細な子で、失敗を恐れるのか自分で作ろうとはしません。だからって、私も注文を受けたまま作ったりもしません。「そこはカーブだよ」と言われれば、「カーブの線路集めてきて」と言い線路を探して持ってこさせます。繋げるのは私。奥の部屋までつながる線路ができてきて、「もっと長く繋げたい!」と言われましたが、手元にもう直線レールがありませんでした。「もう線路がないからできないよ」と言うと、箱の中にまだ線路が残っているはず!と思ったのか、必死に直線レールを探していました。そしてちゃんと見つけてきて自分でまっすぐな線路を組み立てていました。我が子達もそうですが、子どもは「依存」から「自立」へ、また「依存」と「自立」を行き来しているように思います。「安心」を求めて「依存」し、「自分の意思を通したい」「自由にやりたい」気持ちから「自立」へ。「自立」で感じる「孤独」や「不安」からまた「依存」へ戻り・・・。
この4歳の子はまだまだ「依存」状態ですが、この時期の子は「依存」してたくさんの「安心」を得ることが大事な時期だと思います。我が子らは、長男は「依存」は少なくなりましたがまだ「自立」との狭間で行き来しています。次男は、「自立」したい気持ちが大きく葛藤を抱いているように感じます。何だが、反抗的、返事しない、正論で打ち負かしてくる・・・等々、母としては寂しい思いがあります。三男は、まだまだ「依存」。時々「自立」っぽく装いますが、全然です。可愛い。子どもには、構い過ぎず、ほったらかしにせず、という思いで関わってきましたが、長男は構い過ぎたかも・・・、次男・三男はほったらかしにしてしまったかもと思う時があります。かれこれ14年子育てをしていますが、ずっとうまくいかないものです。そんな自分の子育てのやり直しをするかの如く、4歳の男の子と遊びました。
中学生の次男は明日から中間テストです。「目標は、全教科で250点以上!」と。「ん?何教科?」→「5教科。」→「100点満点?」→「そう」→「一教科50点の目標?」→「そう。友達なんて、目標450点以上だって!」→「俺は250点だからたぶん目標達成だよ。」ハードル低い!まあ、そんな会話が出来ただけでヨシとして、それ以上お小言を言うのはやめました。
今週は夏日があるし、週末は三男の運動会があるし、体力勝負ですが体調を崩す事無く頑張って仕事します。



先週はゴールデンウイークでした。子ども達とどこかに・・・と思い計画したのは「釣り」です。英虞湾まで行ってきました。小さい頃からよく釣りは連れて行っていましたが、3人連れていると目が離せないし危ないので海釣り公園みたいなところに連れて行っていましたが、最近は沖まで出ています。朝2時過ぎに名古屋を出発。4時半には英虞湾について船を出してもらいます。沖に浮くいかだまで連れて行ってもらい5時から釣り開始です。いかだは1組での使用になっているので周囲に気兼ねすることもなく、海の真ん中で釣りをする事ができます。サバ、コハダ、アジ等を釣りました。コハダはお刺身が美味しいとのことで、地元のおじちゃんがさばいて食べさせてくれました。さばき方を教えてもらったのですが、いざ家に帰って同じようにやってもやっぱりできない。お刺身は諦めて煮付けになりました。アジはフライです。「自分達が釣った魚は最後まで面倒をみる」ということで、釣った時にあまりに小さければ海へ返し、家に持ち帰った魚はきちんと料理して食べます。料理するのは私なので、これが結構大変です。基本的に包丁握るのは苦手ですので。
朝5時から釣りをして、10時頃には切り上げて、お昼過ぎには名古屋に戻ってきました。伊勢から名古屋方面に戻る時、反対車線は伊勢に向かう車で大渋滞していました。コロナ禍で自粛生活だった時は終わって、以前のような生活に戻りつつあるのだなと思いました。個人的には嬉しいなと思います。活気がある方が良いに決まってます。でも、連休後のコロナ感染は広がると思うので、基本的な感染対策を継続していきます。
ここ数ヶ月は入院されるような利用者さんもいなくて、訪問はフル稼働しています。状態の不安定な方もみえて緊張感が続きますが、「生活の場でいききることを支援する」という理念のもと頑張っていきたいと思います。


先週からよつばの新人さんを連れて同行訪問しています。以前このブログでも書いたのですが、ただ単に手順みたいなことを教えるだけで無く、「その方の24時間の生活の営みを、その人にふさわしく整える」ために看護職が介入しています。支援に入っているその時間をなんとか過ごせば良いのではなく、連続して続いていく生活・療養を支えています。なので同じ疾患でも、その方の生活スタイルによって介入の仕方も変わります。そんなふうに、全体像をみながらその時の訪問時間を有効に使えるように知恵を絞ります。知恵を絞るには自分一人では無く、他のスタッフの視点や意見も大切です。自分にはみえていないことが他の看護師にはみえていることもあります。なので、決まった看護師だけで訪問せずに、担当する曜日も時間もランダムに組んでいます。
事務所に集まると、スタッフからあれこれと意見がでます。なかなか全員集まることはないのですが、日々の訪問記録を丁寧に記載してくれているので、みんなが利用者さんの事に関して同じ情報を得ています。なので、事務所での「雑談」はもっぱら利用者さんの事です。
少しでも「雑談」時間を増やすために、私は可能な限り事務所にいるようにしています。みんなと顔を合わせるのが数分のこともありますが、大切な時間です。
家でも同じです。朝早く仕事に出てしまい顔を合わせない朝もありますが、夜は台所の私の定位置に座っていると、「ねえねえ」と話しかけてきます(次男・三男のみ)。ゆっくり聞いてあげられる気持ちのときと、なんとなくイライラしてしまうときとあります。私のイライラを察知するのが上手な息子達。そんな空気の時はさーっと去って行きます。しまったなと後悔しますがまた直ぐに忘れてしまいます。そのうち誰も話しかけにこなくなるのに・・・。
今日は私の帰りが遅いことが分かっていたので、次男が晩ご飯のおかずを一品作ってくれていました。次男はよく兄弟のおやつを作ってくれたり、お料理してくれたりします。なんとなく次男の料理が「当たり前」になってしまい、ちゃんとお礼を言ってないような・・・。明日ちゃんと感謝の気持ちを伝えようと思います!


今日は小学校で懇談会があり参加してきました。我が家の小学生は一人となり、あっちのクラスへ、こっちのクラスへと慌ただしく移動することもなくなりました。三男の担任の先生のことを私は知らなかったのですが、三男が「ママと同じくらい(年齢)だよ」って言っていました。実際は明らかに20代の先生でした。女性です。若くてにこにこしている先生で、三男の好きそうな先生だなーと思いました。でも、私と一緒くらいって本当に思ったのかな・・・。子どもにとったら20代も40代も同じなのでしょうか。
三男は「時間内で問題が解けない」とか「自分の言いたいことが伝わらない」とかいうとき、頭に血が上ってしまい制御不能になります。そんな時は独りそっとしておいて欲しいのですが、周りの子ども達は気にして声を掛けてくれるのです。それを避けたいので3年生の時に担任の先生が段ボールで「シェルター」を作ってくれて、そのシェルターでクールダウンすることができました。3年生の後半からはシェルターを使うこともなかったのですが、進級の際に先生が三男にシェルターを4年生に持っていくかどうか聞いてくれて、三男は使わないかも知れないけど「持っていく」と決めたそうです。先生によると4年生になってからもシェルターの出番は無いそうですが、座席の近くにシェルターを置いてくれています。きっと三男にとってはお守りみたいなものかもしれません。制御不能になることが多っかったとき、それ以降の授業に参加できず別の先生が個別で授業をしてくれたり、一緒に給食を食べてくれたりしました。先生達には感謝しかありません。
夜になって、長男の担任の先生から電話がありました。新婚の男の先生です。こんな時間まで学校にいるのかと思ってしまいます。長男は来月修学旅行があります。今でも教室に入ること無く不規則な登校をしているのですが、修学旅行は行きたいようです。ですが、ディズニーランドはどうしても行きたくないと。ディズニーランドの後から修学旅行に参加したいと言っているようです。学校としては途中参加でも良いので気持ちを尊重するとのことでした。途中参加だと私が現地まで送っていかないといけないですが・・・。
長男はいつも担任の先生の空き時間で登校しています。毎回1対1で進路の事を話したり、勉強をしたりしています。修学旅行のことや日々の対応にただただ感謝です。
さて次男は。小学校の時から何も問題なく学校に行っています。次男のことでは困った事がありません。長男と三男はよく学校から電話がかかってきていたのですが、次男は一度もありません。反抗期で大変になるのかなと思ったりもしますが。
朝から夕方まで働いていると、帰宅してご飯を食べさせるだけで精一杯になることも多いです。子ども達から学校の様子も中々聞けない中で、垣間見える先生達の子どもへの関わりに安心し感謝しています。


昨日、今日と夏のような暑さでした。車の中が暑い!車に置き去りにしたペットボトルのお茶がHOTになっていました。週末は台風?の影響でまた気温が下がるとか。しかり食べて休んで体調良く過ごしたいと思います。
最近は仕事もバタバタ、新年度で子ども達のこともまだ落ち着きません。学校からあれこれもらってきて、たくさん記入する書類ばかり。そして今日から中学校はお弁当。スクールランチとやらがありますが、「お弁当がいい!」と次男。「素敵なお弁当は作れないよ。適当だよ。」と私。ただ、お弁当作るなら一つ大事な約束をしました。「帰宅したら必ずお弁当箱を出すこと!出さなかったら翌日のお弁当は作らないよ!」と単純明快な約束。そして初日の今日、夜になって「お弁当箱を学校に置いてきたから出せません。ごめんなさい。」と次男。本当にある意味、期待を裏切らないうちの子ども達です。ため息しかでない・・・。
お弁当を作るから買い物が増えるのは当然なんですが、最近本当によく食べる長男と次男。買い物の頻度も増えて財布からお金が直ぐに無くなる。夕飯でおかずが足りなくなるといけないので、私のおかずは子ども達が食べてから、残ったものを自分のおかずにするのですが、最近残らない。だから最近は納豆ご飯で終わることが多いです。歳をとるとそんな食事で満たされます。
先ほど長男が珍しく話しかけてきました。「中学生くらいの時に看護師になりたいって思ったんでしょ?その将来を見据えてどうやって高校を選んだの?」と。そんなこと突然聞かれて答えられず・・・。どうしてあの高校を選んだのか忘れてしまいました。答えられずにいると「結局、高校選びはそれほど自分の将来には影響しないってことか」と納得して去っていく長男。まあ、確かに「行ける高校」を選んだだけかも知れないです。でも長男には「将来どんなことをしたいのか、そのためにはどんな学校に行くのが良いのか考えていきなさい。」と言っているので見透かされてしまったかもしれません。長男は最近、核心をついた事をいうのでドキっとします。
来週は訪問看護ステーションよつばに新しい看護師さんが一人増えます。今いるスタッフもそうですが、看護師によって下積みは様々です。経験値も違います。なので、利用者さんのところでケアを行なうにしても個々でやり方が違ったり、知らないことがあったりします。よつばとしての理念を持ち、それに基づいて必要なケアが一貫して提供し続けられることが大切だと私は思っています。そこが崩れてしまわない様にするのは私の役割です。
新しい看護師さんを「よつばの看護師さん」に大事に育てていきたいと思っています。