訪問看護ステーションよつば

お問い合わせ

Instagram

よつばブログ

一年前もぼやいたような気がしますが、子ども達の三者面談・個人懇談が終わりました。
三男は、テストの点数はまあまあなので授業を聞いているんだなと思っていましたが、そうでも無いようで先生から「困ってます」と言われてしまいました。テストではきちんと回答を記入するのに、授業の中でのまとめのプリント(授業を聞いておさらいのプリント)は白紙で提出が多いそうです。「テストが良くても授業態度につながりますから。」とやんわり「通知表の評価は低いよ」と言われているようでした。おうちで三男にその理由を聞くと「何を書いていいかわからないから書いてない」と素直な返答が・・・。家での様子をみていると、会話の理解が苦手だし、自分の考えを相手に分かるように説明する事も苦手です。たぶん、授業で「聞き」ながらノートをとるのに「書く」、教科書を「みる」などの同時作業が苦手なのかなと思っています。授業はたぶん断片的にしか理解できていないんだなと思いました。家で机に向かって入る姿はあるので、自分なりに勉強に取り組んでいるかなと思うので、見守ることにします。
中1の次男。担任の先生に教室後方のロッカー(むき出しの棚)を指さされ「ゆうきくん(次男)のロッカーがどれだかわかりますか?」と聞かれました。片付いていてすっきりしているロッカーか、なんだか色々なものが積まれているロッカーか・・・。一番ごちゃごちゃしているロッカーを選びました。あれは無いなと内心思いましたが。そしたら「さすがお母さんですね。」と褒められました(笑)。ロッカーぐちゃぐちゃを母と息子で叱られてきました。
そして長男。「おうちのお手伝いしようね」と先生に言われていました。まあ、自由登校できままな学校生活なので、おうち生活がメインです。
どの子の面談も先生がたくさん喋っていたので、私はただ聞くだけでした。3人分をいっぺんに聞いたのでほとんど忘れてしまいました。
家では3人での喧嘩もほとんど無いし、お風呂洗い当番を子ども達で決めるし、次男はおやつやおかずを作ってくれる(気の向いたときのみ)し、助けられていることもいっぱいあります。毎日家に帰ると、次男と三男はいません。玄関の音で私が帰宅したことが分かるとすぐに隠れるのです。ベッドの中とか机の下とかたいてい同じ場所です。一人ずつ探して声を掛けます。またか・・・と思うのですが、私に探してもらうことが嬉しいのかな?と思い毎日付き合っています。そんな可愛い子ども達なので、先生からの苦言は受け止めつつ、優しい気持ちで応援したいなと思います。
コロナがまた流行し始めました。いつまで続くのでしょうか。嫌になりますが自分も家族もスタッフも利用者さんも感染しないように努めます。子ども達はちょうど夏休みに入るのでほっとしています。うちの子達は基本インドア派なので。お昼ご飯の用意がまた負担だけれど少しは自分達で用意もできるようになったので、みんなで協力して乗り越えます!


今日は七夕でした。七夕は毎年雨のイメージですが今日は良いお天気でした。子ども達が小さい頃は、保育園の七夕祭りで一緒に短冊に願い事を書いたり飾り付けをしたりしていました。七夕が終わると笹飾りを持って帰ってくるのでしばらくは家の中に飾られていました。小さい子どもがいると、季節の行事ごとを身近に感じることができましたが今の我が家は七夕なんて雰囲気はありません。いつものように3人揃ってゲーム大会です。ですが訪問先に行くと、デイサービスや保育園から持ち帰った笹飾りが飾られているお宅が何件かありました。短冊には「家族みんな元気で」の想いが書かれています。病気を抱えていても、元気に毎日を過ごして欲しいなと思います。
七夕に想いを寄せて、今日のブログはここまでです。短いですが・・・。今日も営業で色々まわってきたので体力消耗です。暑さにやられます。移動しては車を降りて、また暑い車に乗っての繰り返しでちょっとバテてしまいます。しっかり寝て、明日は訪問をまわります。
明日は新規の利用者さんとの初対面もあるので楽しみです。


今日は一日お休みを頂きました。以前から行って見たかった榊原温泉に行ってきました。利用者さんのご家族がよく行っていて、「良い温泉だよ~」と言っていたので気になっていました。学生時代、津市に住んでいていて温泉があることは知っていましたが、その時は全然興味がありませんでした。今日は名古屋でも38度を超えた真夏日だったので、露天風呂に入るとサウナみたいでした。他に源泉風呂があって、そこは加温されておらずたぶん20度くらいでした。ほとんどの時間をその源泉風呂でぽーっとしていました。仕事の事は少し忘れたいなと思って温泉に浸かりにいきましたが、結局は仕事のことをあれこれ考えてしまいます。
病気や障害を抱えながら療養する、生活するということはどうしても他人の手助けが必要です。髪を洗いたい、トイレに行きたい、汗をかいたら着替えたいと望む。万人共通と言ってもよいこのような望みが叶わないとなると誰もがイライラしたり落胆したりします。多くの医療職がいる中で唯一、身体に働きかける看護技術を用いて生活を支援するスキルを持っているのは看護師です。だから療養者の暮らしを支えることができます。訪問看護師はその方の生活の場で習慣や環境を加味しながらケアにあたります。しかし、言葉で言うほど簡単ではなくて、うまくいかないことも多くいつも悩みながら実践しています。
温泉でそんなことを考えていましたが、それでも気分転換になりまた明日から頑張ろうという気持ちにもなりました。
また明日もめちゃめちゃ暑い。熱中症要注意です。


今月は私の訪問を減らして営業活動を頑張っています。以前はコロナ禍で対面を避けなければならず、ファックスや電話でも頑張りましたが、やっぱり利用者さんの紹介をくださるところは対面で営業した所からでした。営業して売り込んでいかないと仕事が広がっていかないので頑張りますが、これまでの仕事では経験がないことなのであまり好きではないし得意でもありません。でも、一日でどれだけかまわっていると、慣れてきて平気になります。今日は「精神科看護」に特化して営業してきました。お配りするパンフレットもそれ用にアレンジしました。精神科看護は、どの看護師でも行けるわけではなく、定められた要件があります。訪問看護ステーションよつばでは、5人中4人の看護師がその要件を満たしているので特定の看護師に負担がいくこともなく訪問できます。よつばでは医療依存の高い方、小児がメインになっているので、地域の中に根付いて行くためにも、もう少し看護の幅を広げたいなと思っています。病院勤務だと「○○科」のように特定の診療科で勤務する事が多いですが、訪問看護は診療科で分かれているわけではないので身体各所全てみますし、本人だけでなく家族もひっくるめて考え、「生活」というベースでその対象をみていきます。だから「大変」と言われますが、私は訪問看護の「やり甲斐」だと思います。少しお暇を頂いている時なので、週末には病院時代の看護師さんと会う約束をしています。いつも私は彼女の愚痴をきく担当なのですが、その愚痴の中に職場環境作りへのヒントが含まれていることが多いので有意義な時間です。愚痴を聞いているようで実は情報収集しています。
全く話が変わって、よく訪問先で血液型を聞かれます。ほとんど当てられることはありません。あるInstagramからですが、私の血液型の特徴は①感情の浮き沈みが激しい。私は落ち込むこともありますが、寝ると忘れるタイプです。「昨日何かで嫌な気持ちになってたけど何だった?」という事がよくあります。②興味がないと動かない。全くその通りです。興味が無いことに心も体も動かされません。③飽きるのが早い。若いときはそうでしたが、最近はそうでもないと思います。最近は飽きそうな事には手を出しません。④B型っぽいと言われるのが嫌。そうです。私はB型です。B型と言われるのは嫌では無いですが、A型?って言われると嬉しいです。⑤規則やルールを守るのが苦手。これ、ひどいですね。非常識な人みたいです。規則やルールは守りますが、「なんで?」とか「面倒じゃない?」とか、意見したくなることはあります。⑥こだわりが強い。そうかな~?これはわかりません。逆にこだわらないことの方が多いと思います。「なんでもいいや」って思う方が多いです。⑦基本的にポジティブ。これはそうだと思います。ネガティブな人をみると、なんでネガティブになるの?って思います。どう考えても目の前の現実は変わらないので、良い方に考えた方が気持ちは楽だと思うのです。
梅雨入りしてジメジメしていますが、梅雨が明ければ夏本番です。そのうち蝉が鳴き出します。今年も頑張って暑い夏を乗り切ります!




先ほど夕飯を済ませてから明日のお弁当のおかずを少し作りました。一品でも作っておくと、朝の負担が半減です。出来上がったおかずをテーブルに置いて冷ましておく間、お風呂に入っていましたが、お風呂から上がると小学生の三男がパクパクとお弁当のおかずを食べていました。
さっき夕飯済ませたじゃん(泣)。「どうした?お腹減った?」と聞くと「お腹減ってないけどまだ食べられるから食べてるよ!」と・・・。お弁当のおかずがきれいに無くなりました。もう作る気はしないので、明日の朝リベンジです!
上の写真は、今週土曜日にモリコロパークで行われる「世界ALS デーinNAGOYA」のチラシです。コロナ禍で2年連続中止になっていましたが、今年は開催されるようです。私もコロナ禍前は子どもを連れて参加したことがあります。その中でも「みんなでゴロンしよう」は、みんなで数分間寝そべって「動けない」「話せない」、ASLという病気を体感する時間です。動けない、話せないは数分間ですがその時間、「これが一生続くなら・・・」と考えた時、やっぱりそんな自分は想像ができなかったです。ここ数年、在宅でALSの方々と関わりを持っていますが、自分ならどんな選択をしていくかなという答えは持てずにいます。
先日、私自身が頭部のMRI検査と胃カメラの検査を受けました。頭部MRIは狭いところに閉じ込められた恐怖心が湧いてとても恐かったです。胃カメラは苦しい、痛いの繰り返しで泣いていました。病院勤務の時、多くの患者さんをMRI検査室まで運んだり、緊急の胃カメラの補助に対応したりしていましたが、患者さん達が受けていた検査が自分にとっては大変つらいものだったとわかりました。
自分がその立場にならないと分からないこと、気づいていないことがほとんどで、今ALSの患者さんをそばでみて、関わりをもっていますがたぶんほんの少しもわかっていないと思います。それでもやはり、ALSの方がどんな気持ちなのか、どんな思いを持っているのか知りたいなと思います。
「これからも生きていく」という本はALSの方の写真とメッセージが載せられています。利用者さんのご家族が購入されたものを貸してもらいました。笑顔の写真もあれば泣いている写真もあります。みんなそれぞれ思いを表出する言葉は違います。それでもみなさんの「生きている」を感じることができます。
今週土曜日の「世界ALSデーinNGOYA]には、よつばのスタッフも参加してきます。私は仕事のため不参加です。以前お世話になっていたステーションで関わっていたALSの方々も参加されると思うので行きたかったですが、その辺はスタッフの報告を楽しみにしようと思います。多くの方にとってALSだけではなく、病気や障害を持ちながら生きる人達への理解を深める場になるといいなと思っています。