訪問看護ステーションよつば

お問い合わせ

Instagram

よつばブログ

緊急事態宣言が解除されコロナの新規感染者数が減っている中、小学六年生の次男が無事に修学旅行に行くことができました。9月に新学期が始まった頃は、このままでは修学旅行に行けないなと思っていました。昨年の中津川野外学習が中止となり今年の修学旅行も中止になったら「もう僕は学校辞めるから」と言っていた次男。よかったよかった、行けてよかった~と私も嬉しかったです。「お土産は何がいい?」と次男。無難に「八つ橋」と答え、リクエスト通りに買ってきてくれました。それだけでなく、清水寺の写真が入ったフォトスタンドも。どんな気持ちで買ってくれたのかなあ。清水寺が素敵だったから私にも見せたいと思ったのでしょうか・・・。私が家で仕事をする場所からよく見える位置に飾りました。
次男とは反対に、長男は今年の稲武野外活動が中止になりましたが全く動じていません。今月、稲武の代わりにリトルワールドに行く事になったみたいですがこれにも参加しないようです。中学生なら中学生なりの事を・・・と思うのですが中々難しいです。最近、競馬に興味があるようで、馬の話や競馬の話を教えてくれます。日曜日の競馬も毎週みています。小さい頃は電車に興味があって、長男から電車のことや新幹線の事を多く教えてもらいました。私も今では、まあまあ詳しく電車の事が語れるくらいになりました。しばらくしたら今度は競馬に詳しくなるかもしれません。
昨日は、新規の事業所(訪問看護ステーション)に対して実施される「現地確認」というものを受けました。本当は8月の予定でしたが、緊急事態宣言が続いたことにより今月まで延期されました。開業する前に提出した書類と現状に齟齬がないか確認に来られました。訪問看護ステーションには、常勤換算で2.5人の看護スタッフが義務づけられているので、それに関しては細かく確認されました。色々とご指導を受けましたが、「申請時と一年後で、変わらないスタッフで継続しているのはすごいですね。」と言われました。たいてい一年以内で現地確認をされるそうですが、スタッフが入れ替わっていることが多いそうです。管理者だけが変わらずスタッフは総入れ替えになっていることもあると。スタッフを増やしたいけれどなかなか増やせない(募集をかけてもこない)と思っていましたが、立ち上げの時からスタッフが一人も減ることなくやってこれていることは有り難いことなのだと改めて思いました。色々と指導を受けて今後の課題もありますが、こらからもみんなで頑張っていけるステーションにしていきたいなと思いました。



今日は午前中、レセプト業務(診療報酬明細書の作成、提出)をしました。この日だけ来て頂いてる事務さんと一緒に。事務さんのお子さん、1歳8ヶ月の男の子。プラレールを並べてパートさんの娘さんに保育をしてもいました。しばらくプラレールで遊んでいてくれたけれど、あとは流しの下やキャビネットを開けてみたり、違う部屋にいってみたりとずっと動いていました。そういえば、うちも何年かはゴミ箱が床ではなくテーブルの上にあったり、台所の入り口にはバリケードを置いていたりという生活でした。もうそんな生活も思い出さないくらいです。今は今で大変なこともあるけれど、子育てはだいぶ楽になったなあと思いました。
レセプトが終わると、今度はよつばで非常勤で働いてくれている理学療法士さんが生後半年くらいの男の子を連れて来てくれました。ちょっと早く、ちょっと小さく産まれた子ですがもう丸くて重たかったです。理学療法士さんには月に数回、リハビリをお願いしています。介助無しでは立てない方で、通常看護師とヘルパーさんでベッドから車椅子へ移乗させているALSの方です。当初は体幹を支えてあげるとすり足で何とか足を運ぶことが出来ましたが、最近はそれができなくなっています。今は立位をとってもらい移乗していますが、最近の状況をみると、立位を取らずに座位で移乗した方がいいのかなとも思っていました。そんな私の考えを相談すると、「足の運びは悪くなっているけど、立位によって足を運ぶだけでなく他の部位も使っている。立位をとらないことでその他のことも出来なくなる可能性があるから、お互い(利用者さんと介助者)が無理でないなら使える機能は使っていった方が良い。」とのことでした。全介助で行うレベルの身体機能なので、転倒などのリスクも背負いながら行っています。なんとなくリスクばかりが気になりどうしようかなと思っていました。ですが、当たり前のようだけど忘れていた理学療法士さんの言葉に「そうだな、まだ今はやめどきではないな。」と思いました。この方の足は、立つ、歩くだけではなくコミュニケーションの手段にも使われます。右足で特殊なマウスを動かし、左足でクリックをしてメールしたり、発声できないので言いたいことをパソコンに読み上げてもらったりしています。この利用者さんも、「パソコンが使えないことは命取り」と言われているほど、コミュニケーションの手段として大切なのです。それを動かす大切な両足。わかっているようで忘れていました。ほんの少しの時間でしたが、やっぱりいろいろな方面からの見解を聞くことはどんなにわかっているつもりでも必要だなと思いました。やっぱり常に勉強が大事。
そのあと大急ぎで美容院へ。5ヶ月ぶりでした。だから、自分へのご褒美に炭酸泉での洗髪、ちょっといいトリートメントをお願いしました。でも残念なことに、さっとお湯で流された後の記憶がなく、「気持ちいい~」とか「贅沢してる~」とかいう認識ができず美容師さんに声を掛けられた時はトリートメントも終わっていました。白髪も染めて、トリートメントもしてサラサラになったので良いのですが、寝たくなかった時間でした。
上の写真は、今日も賑やかだった事務所の風景です。2枚目はよつばの駐車場になっている柿の木です。秋だなと思いますが今日も暑かったです。